2006年 鈴鹿 DreamCup
 

[Topics][製作日記][レース模様][PhotoGalley]
[Solar Car Topへ]




 



チャレンジ9位。惨敗です・・・・                 
太陽電池の発電量が少ないよー (ToT)

仲良しチーム紹介を追加しました。

[このページの先頭へ]

 
★製作日記★
 
●2006年 4月
 
作業場所のお引越しです。
前の場所を追い出されたのか、
新しい場所を不法占拠したのかはわかりませんが・・・
 
なにはともあれ、若干広くなった模様です。
エアコン?らしきモノもあるじゃないですか!!!
 
  
 
●2006/5/27
 
近藤君が怪しげな機器を持ち込んできた。
これが今回の秘密兵器なのか?
今までに無い技術だ・・・技術革新?
 
  
 
●2006/6/17
 
寺村さんが怪しげな行動をしている・・・
良い子は、切削作業するときは保護眼鏡をかけましょう!安全第一!
 
九州は豪雨のようですが、滋賀は大丈夫でした。
九州勢は大丈夫かと思いながら、外でお弁当食べます。
 
  
 
●2006/6/26 試走会
 
やる気マンマンで試走会にやってきました!
今回も前泊で合宿部屋?(研修センター?)にお泊りです。
安いし快適じゃないですか。よかとばってんですたい。
 
当日は予想どうりの雨。
しかも、雨脚も強いじゃないですか。
車を壊すのも怖いし、何より雨に打たれての、積み下ろしが大変だなあ・・・
というわけで、テスト走行はキャンセルしました。
敵情視察です。
 
チャレンジクラスのライバル達は、かなりの出来栄え。
今年は、キビシーなぁ・・・
 
  

●2006/7/15
 
まだまだ製作は続きます。
神奈川から琵琶湖に通うの疲れてきました。朝日が眩しい・・・・

試走会のライバルの出来栄えのよさに圧倒され、新しい秘密兵器を登場?
1点め。モーターにブレーキディスクを取り付けます。
ミツバさんにモーター送って、2週間で帰ってきました。速い仕事ですねー
これを駐車ブレーキに使用です。
これにて、従来心配であった、ブレーキの引きずりの可能性を大幅に減少!!
転がりアップです。
 
2点め。カウルサイドの空力パーツ。
これで、コーナー時の空気抵抗低減を狙うとのこと。
「前方投影面積が増えてるじゃん!」って突っ込みは、ナシでお願いします。
 
それにしても、太陽電池パネルを張ったままの作業ですね。
さすがバカボンズです。男前です。
従来の、自前のアルモファスじゃないんだから、もう少し慎重に・・・・
良い子は真似をしないように。
 
そういえば、今年はまだ、車を実走していない気がする。動くのだろうか?
 
 
 
 

●2006/7/22
 
今年初めてのテスト走行をした。(らしい)
写真をクリックすると、動画再生します。
(または、「右クリック」→「対象をファイルに保存」してから再生して下さい)
 
しかも不具合が発覚したとのこと。
チャンネル数を増加した太陽電池のうち、1チャンネルから電気が得られない。
詳細は不明だが、トラッカーの不具合か?
新たに購入しなおすハメに・・・・(ToT)
 
それにしても、上層部を説得すれば、
湖東レベルの大会なら、構内でソーラーカーレース開催できるんちゃう?
 
 

[このページの先頭へ] 


★レース模様★
 
●2006/8/3 搬入
やってきました。レースウィークです。
ワクワクですね。
 
梅雨明けがギリギリで、ヤキモキしましたが一安心。
それにしても、暑すぎるような気がします。
途中で倒れないだろうか・・・
 
長浜から鈴鹿は近いのです。
ピット一番乗りです。この調子でレースも1番がいいなぁ。
早めに切り上げて、パンダサンチームと「得兵衛でカンパイ」です。

 

●2006/8/4 公式車検(その1) 
車検です。
毎度ながら、暑いです・・・・倒れそう・・・
数台づつ、呼び出し方式での実施を希望しますよ。

 

パンダサンの菅野さんが死にそうです。
風邪引いているそうですが、この炎天下にマスクって怪しすぎです。
同じくパンダサンの冨高さんもイイ汗かいてます。

 

●2006/8/4 公式車検(その2) 
なんか、堺市立さんが気なります。
バカボンズの意匠が、パクられているような?
山田先生、実はバカボンズ好きなんじゃないですか?

上段の写真が、今年の堺市立さんです。
下段左は、「ぐるぐる渦巻き」。湖上の風(2001年式)のチャームポイントです。
下段右は、「大型ウィンカー」。湖上の嵐(あらし、2004年式)のチャームポイントです。


 
 

●2006/8/4 公式車検(その3)
サウザントがブレーキテストで、手こずっている模様。
ブレーキが滑っているようです。
ピットに車を戻し、ブレーキ回りのチェックしています。
 
原因は、フルード漏れの模様。
締め付け不良でパッキンが割れています。
パッキン交換、エア抜きなどを、手際よく作業しています。

 

今年は、東海大の現役学生が手伝いに参加してます。
(東海大のソーラーカー、燃えちゃったからね)
若いし、息の合った、なかなか良いチームです。
今年は表彰台を獲れるんじゃないか?
ガンバレ!!

16:58(車検終了まであと2分)
ブレーキ修理して、再度ブレーキテストを実施。
細川さんもバカボンズメンバーも親心で、ちょっと心配・・・

 

らくらくOKです。
ほっと一息。
ゼッケンもらって、嬉しそうに走って帰って来ました。
ゼッケン貼る姿がとっても嬉しそう。

 


●2006/8/5 AM フリー走行・予選(その1)
とりえず、伊澤@鈍亀からスタート。
「トップスピードが80km/hだから、5’30”割るのはキビシーよー」とヘタレた台詞。
藤田@エースドライバーに交代したところ、
5’30”より徐々にラップを縮め、5’00”前後の予選タイムをゲット。
むーん、むーん、ウデの差ってヤツですね。

近藤君の目がキビシイ。
今年導入の超秘密兵器で得られるデータを見つめています。
ドライバーの「手抜き」「怠惰」が、モロにばれてしまいます・・・・

 

宮川チーフのタイヤチェックですね。
今年も、IRCをテストしました。(ノーマル仕様)
IRCの人も来て、一緒にチェックします

今年は、まったく問題ありません。バッチリです。
台湾チームでも問題ないようです。
安心したので、フロントをIRCで行こうと思います。

 

●2006/8/5 AM フリー走行・予選(その2)
パンダサンの冨高さんは、タイヤにパンク防止剤を注入してます。
ドリームは、高速走行でパンクするのが怖いですからね。
でも、これ使うと、タイヤとホイールが「ネロネロ、デロデロ」 になって
次にタイヤを、はめ換えする時に、ひどい目に会うんですよね・・・・

そして、今年のパンダサンは違う。
ピットにキレイな女性がいるじゃないですか!!?
あっ!、テレビの取材ですね。羨ましいなぁ・・・・

 

キョンシーチームも、熱いまなざしで車をチェックしています。
サングラスしてカッコよいですが、怪しさが滲んでます。ヒットマン風です。
怪しいオジサンと、怪しい人形の組み合わせが、イイ感じ。

 

●2006/8/5 AM フリー走行・予選(その3)
小松工業高校さんが、車を壊してしまったとのこと。
モーター取付部が壊れたとか・・・
小松工業さんは、春にバカボンズピットに見学に来てくれたとこです。
ちょっと心配。稲舘さんが様子を見に行きました。

どうやら、鈴鹿のオタスケマン「大田鉄工所」
(最近出ないけど、大御所シバタファミリーチームですね)
で修理してくれるらしい。早速、滋賀県行きです。

●2006/8/5 PM 決勝ヒート1
さて本番。グリッドに車を並べます。
スタート5分前。
これから、スタートまでの5分間、ドライバーに一番の苦痛の時間です。
真夏の炎天下。走行風の無い密閉空間。
想像してみて下さい。

シグナルグリーンとともにスタートです。
ちょっと出遅れた。いつもの様に、ブチブチ抜かれてしまいます。

 

予定どうり、5'45"前後で周回します。

が、柏会が離れる。はっ、速い!!!
柏会と堺市立は、あのペースで、電力が持つのか???
かといって、あまり離されるのもマズイ。
寺村監督@熱い勝負士から、ペースアップ「5'30"」の指示が飛ぶ。

残りの時間を考えペースを考える。
チャレンジトップの、柏会とは、「最悪でも1LAP遅れ」としたい。
しかし、柏会がやってくれた。

チェッカー数秒前に、コントロールラインを通過させたのだ。
柏会は、「45LAP」としてしまった。堺市立が「44LAP」
長野、紀北、キョンシーと続き、バカボンズと同じ「43LAP」
サンレイクが、控えめに「41LAP」

はたして、明日の天気は?
どのチームの戦略があたるのか?
 

●2006/8/5 夕方 甲羅干し
今回も、バッテリー使いすぎですねー。
明日は、走りきれるかなー。
それにしても、発電量少ないなー。

近藤君が、甲羅干し中も、データチェックに余念が無いです。
宮川と背板さんは、キャノピーから顔出して何喜んでるん?

 

●2006/8/5 その後
小松工業高校さんの様子を見に行きました。
大田鉄工所で、無事、壊れた溶接箇所を補修できたようです。
さすが、大田さんですねー。頼りになります。

しかし今度は、モーター/ホイールが外れないとのこと。
うちの宮川チーフが出動しました。が、外せない・・・
キョンシーチームが応援に駆けつけてくれました。
どうやら、「トラブルの臭い」を嗅ぎつけたとか?

夜遅くまでかかり復旧したとのこと。
さすが、プロ集団!!!
明日のレースもあるのに、大活躍。お疲れ様でした。

僕ですか?花火みてました。(役立たずですね)
ピットからの花火は近いので大迫力で、ドキドキです。鈴鹿ならでは!!!

 

●2006/8/5 AM 甲羅干し
10:00バッテリー保管解除
全チームがバッテリーをもって走ります。みんな焦って、転ぶなよー。
バッテリー転倒→ショート→炎上。
配線接続ミス→スパーク→炎上。
には気をつけましょう。安全第一!!!

やっぱり、甲羅干しがワクワクですね。
8h耐久クラスにアップした甲斐があります。
宮川チーフが、方位&角度チェックしてます。簡易的ですが、一番正確。

   

近藤君はやはり、チェックです。しかし、数値に納得が行かない様子。
長谷部教授にも確認してもらう。私もチェック。やはり納得できない値。
発電量が少ない!!!
発電量が、ENJOYの時と同程度。
(紀北さんの定格680Wよりも、少ないのは確実です)

仲良しチームの発電量を教えてもらい、比較すると、最大25%も少ない。
原因は、去年、新品購入したシャープ製モジュール。ヘボ過ぎ。

ということで、ヒート2は控えめに行くしかないです・・・(ToT)

 

●2006/8/5 AM ENJOY決勝
僕らが甲羅干しをしている間に、サウザントがENJOY決勝を走っている。
ユニークモーター+ラチェットと、今では珍しい駆動系ですが、超一級品です。
レーススピードにより、ギア比も選択できるメリットがある。
車体性能はかなり良いのだから頑張れ!!!

結局、37LAPで5位でした。
3位のOLYMPUS RS(41LAP) ぐらいまでは、食えると思うだけどなぁ。

あの太陽電池は、ものすごく割れ割れですが、少しでも発電してるのでしょうか???

●2006/8/6 PM 決勝ヒート2(その1)
第2ヒートスタート前
ピットに車を戻す最中も、太陽光で充電しながら移動です。
少しでも人並みに復活したい・・・

この電気量では上位は狙えません。
そのせいか稲舘さんが余裕です。
グリッド上で中岡先生と、余裕の冗談なのか?騙し合いなのか?
老獪なチームオジサンズは、食えないですねぇ。

とりあえず、11番グリッドからスタート。
現在総合11位、チャレンジクラス6位です。

 

第2ヒートスタート後
電気がなく、元気に走れない。ドライバーはヒマなので・・・
アイサツ運動してみました。

抜く車、抜かれる車のドライバーに、手を振ってみます。
キョンシーさん、サンレイクさん、柏会さん、みんな手を振って返してくれました。
ちょっと嬉しい。
学生さんチームは、ドライビングに余裕が無いのか、見れくれません。悲しい・・・
ドリームクラスは速度差があるため、ちょっとムリでした。

コース脇のオフィシャルの人も、手を振ってくれます。
ヘアピンカーブでも、カメラを持ったギャラリーにも手を振ってみました。
「あっ、うちのメンバーじゃん」

パンダサンチームがタイヤチェックで車をピットに戻します。
特に問題はないようです。暑いからタイヤへの負担も大きく耐久性が気になります。

 

●2006/8/6 PM 決勝ヒート2(その2)
むっちゃ暑いです。
でも、各チーム、5’30”前後を基本に自分のペースで淡々と走り続けます。
時間の経過とともに太陽も傾き、バッテリー残量が心配・・・

現在、チャレンジクラス6位。
ただでさえ発電量が少ないバカボンズ。
上位チームに追いつくどころか、徐々に下位チームが迫ってきた!!!。
後ろにいた、サンレイクさん、MAX SPEED、金沢工大との差がジワジワ縮まる。
はたして逃げ切れるのか?

寺村監督@熱い勝負士。
「表彰台は無理だ。でも、ミツバ賞はもらう。
 現在の順位&ラップをキープする。それで、電池切れで止まったら、構わない。 いけ!!!」

残り30分。
S字8%勾配が苦しい・・・
ラップタイムが、9’36”に急に落ちた。
バッテリーが無いんだ!!!

次のラップ、8%勾配を自力で登ったところで車を止めた。
藤田ドライバーのナイス判断。オフィシャルに迷惑をかけません。
この間に、サンレイクさんなどに、抜かれてしまいました。

と、太陽光で充電しているバカボンズの隣に、キョンシーチームも出現。
並んで充電します。
こんなところまで仲良くしなくてもよかったのにね。

なんとか復活し、チェッカーフラッグを受けます。
総合        15位
チャレンジクラス  9位

見事な惨敗。
クラス6位までもらえるミツバ賞も手に入れられませんでした。

 

●2006/8月末 サービスショット
バカボン他、仲良しチームの紹介します。

「バカボンズ」
車検を無事通過し、リラックスしてます。
寺村監督が表彰台を夢見て、ニコニコです。明日から、発電量に困るとは夢にもおもわず・・・・
稲舘さんと長谷部教授が、なんか言ってます。
「早く帰って、得兵衛に行きたい?」もう少し我慢してください。

 


「パンダサンチーム」
ソーラーカーの神様、細川さん。
鈴鹿最強ドライバー冨高さん、菅野さん、小原さんです。
プライベーター&汎用シリコン太陽電池ならが、総合3位です。すっげぇ。
緊張感のカケラも無い上位チームです。

パンダサンの車体って、チーム名が表示されてないんです。
その代わり、バカボンズのステッカーが貼ってます。スパッツにデカデカと。

  




「チーム キョンシー」
怪しく愉快なおじさん集団です。

学生さんチーム、是非見に来てください。これがモノつくりのプロです。
だって、この車体発泡材ですよ。カーボンなんか一つもナシ。
鈴鹿ナンバー1の流麗な車体。「技」と「知恵」の結晶です。

ただでさえ超軽量な車体。
さらに、リブの穴あけ、フレームへの穴あけ加工による、徹底した軽量化。
信じられません。ありえません。真似できません。

 




「チーム サウザント」
東海大OBチーム。とはいえ、パンダサンの直系チームです。
清水君と新井君を、主力とする少人数チーム。
今年は、東海大の現役学生が加わり、たいぶワイワイがやがややってました。
いい感じでしたよ。
学生さんも、良い勉強になったのではないでしょうか。

 


「日向工業高校」
山本先生が率いる、九州チーム。
初出場ながら、なかなかの完成度。
特別賞も受賞していました。

そこの学生さん。キレイな女性に日傘差して頂いているのに、そっぽ向いちゃーイケマセン。

 


「チーム サンレイク」
チャレンジクラスのライバルですが、仲良しです。
同じ滋賀県、企業内クラブチームです。
チーム環境が、似ているため、共感するところが多いのです。

今年は、メンバーが増え、ファミリーライクで楽しそうでした。
バカボンズとの、ツーショット撮影してみました。カメラアングル、車速考えて走って見ました?

 


「柏会」
フジアロイのワークス?チームです。
フジアロイさんには、バカボンズも、パンダサンもお世話になってます。

今年はチャレンジクラス優勝です。
速過ぎです。
でも、来年は食い下がりますよ。改良しないで、待っててくださいね。

 


「中東工科大学」
トルコからの海外チーム。是非、来年も来て欲しいです。
仲良しではないですが、私のお気に入りです。

メンバーが、すごくカッコいいです。奥様がたにモテそうです。
車体もカッコいいです。カラーリングも中東っぽい?しね。

太陽電池が、もう、ぐねぐね。扱いもラフです。
初めて見ました。ウチのメンバー以外で、あんな取り扱いする人たちを・・・
(ウチのアモルファスシリコン太陽電池は、踏んでも蹴っても叩いても、壊れないので)
でも太陽電池って、中東工科大学の扱いでも発電しないと、実用品にならないと思うんですよ。

 



●2006/8月末 データまとめ(太陽電池のぼやき)
去年、バカボンズが新品購入した太陽電池。
発電量が少ないので、よく見てみました。
これでいいのか?と言いたいぐらいの不具合がある。

グリッド(集電電極)の切れ(印刷不良)。半田クズ。ラミネーション不良。
いくら保証の無い競技用ソーラーパネルとはいえ、お粗末過ぎます。
さすがにこれでは、発電量は期待できません。

まあ、滋賀県の立命館大学の屋上で、実爆試験をしている、
同メーカーの民生用(住宅用)太陽電池も、この程度らしいですが。

同一時期、同一メーカから購入した、キョンシーチームにも同様の不具合はありますが
程度はかなり軽度。
昨年、他チーム(某大学チーム)から、中古購入した同形式の太陽電池には
こんな不具合は全く無く、素晴らしい出来栄えでした。

バカボンズっていう名前で、低ランク品を出荷されたのかなぁ・・・

 
      ↑グリッド切れ                 ↑半田クズ

 
    ↑ラミネーション不良@         ↑ラミネーション不良A