2007年 鈴鹿 DreamCup
 

[Topics][製作日記][レース模様][PhotoGalley]
[Solar Car Topへ]




 





柏会さん、キョンシーさん、タブラヂさん訪問しました。

合同飲み会?

チャレンジ5位、ミツバ賞ゲット!!!(総合10位)                   

[このページの先頭へ]

 
★製作日記★
 
●2006年10月 反省会(合宿)
2007年に向けた活動は、これまでになく早い時期から始まった。
 
10月、浜松にて反省会を兼ねた合宿を実施。
メンバーは、パンダサンと、キョンシーチーム。
 
ホテルロビーでの打ち合わせ。
引き続き、居酒屋での四方山話。
ホテルに帰ってからも、またまたロビーで打ち合わせ、深夜まで続いたそうです。
ワタクシ、途中ダウンです・・・・
 
  
 
 
 
とりあえず、でた結論。
バカボンズ → 太陽電池がダメダメ。これを解決しない限り、何をやっても話にならない。
キョンシー  →  モーター設定が高速過ぎ。ドリーム向けの仕様だそうで、登坂時の効率が・・・・
共通項目  → ドライバーの走らせ方。ムラが有り過ぎ。
           コーナーは早く(根性?)、直線は無意味に飛ばさず(我慢?)
 
2006年は初めて、走行中のデータロギングが可能になりました。すごく色々な事が判明しました。
いやー、データロギング必須ですね。
しかし、ドライバーの技量がモロバレで困っちゃう・・・・

 
●2006年12月 データ取り試走
近藤君が、何やらやってみたい事があるとのこと。
データロギングしながら条件を変えて、会社の構内で、近藤君の指示どうりテスト走行してみます。
 
所定のコース、8の字走行を、ひたすら走りました。
数値的に劇的改善は無かったようですが、ドライバー的にはGoodなフィーリングでした。
採用の見込みです。
 
12月の長浜は、とっても寒かったです。

   
●3/3 製作講習会
行ってきました。高輪の東海大。
 
柏会さんの発表を聞くために。
長浜から、宮川、近藤両氏も参加。この二人、やる気マンマンです。
 
途中から休憩所で、またもや作戦会議。
パンダサン、キョンシーさん、小松工業さん、後半から柏会さんも乱入でした。

 
●4月
そうえいば、長浜に行ってないなぁ。
今年は何やるんだろう???

 
●5月
久々に長浜に行きました。
太陽電池の、一部張替えです。
一番ダメなブロックを張り替えます。
 
我々の太陽電池は、主に2種類から構成してます。
(A)前半分、A大学から購入した、『中古』シャープ製。これはなかなかの出来栄え(出力が普通?)です。
(B)後ろ半分、2005年シーズンに購入した、『新品』シャープ製。これが、全くのダメダメ。
 
この(B)の、『ダメ新品』のなかでも、さらにダメな順でモジュールを張り替えます。
全体の1/4=約200W分の太陽電池を、パンダサンから借りました。(有難うございます)
 
出力を、測ってみました。
『中古』太陽電池(推定7〜8年程度使用?、シャープ製)と、
『新品(B)のなかでも、マシなもの』(2005年、新品購入)が
同じぐらいの出力です。
 
これでも、まだまだ他チームの出力には遠く及びません。
とほほ・・・・

 
●6/25月 試走会
見学だけです。
 
理由は、資金不足、メンバーの休みが取れない、です。
何より、車をいじっていないので、無理して走ることも無いかと・・・・
 
試走会でビックリ!!!
なんと、パンダサンの車体が小さい。
エンジョイクラスなんですね。
 




[このページの先頭へ] 


★レース模様★
 
●2007/8/2 搬入
神奈川から、長浜へ寄り、ソーラーカーをトラックに積載しました。
いざ、長浜から鈴鹿へ。
 
途中、強い雨が降り、レース時の天気が心配されます。
心配というより、期待して、ワクワク。
 
発電量の少ないバカボンズ。天気が悪いほうが、都合が良いです。(ソーラーカーレースなんですけど)
雨なら、ドライバーの技量の勝負。
紀北、柏会、堺市立の3強に食い込み、お立ち台を十分狙えます。
 
 
搬入時は雨もあがり、濡れることなく作業終了。
今日も得兵衛へレッツゴー!!!


●2007/8/3 公式車検(その1)
予報では、天気が悪くなるハズなのに、天気いいなぁ。
今年も車検は、アッチーなぁ。
熱中症で倒れそう。
 
  
 
ん?車検ドライバー、私っすか?
ブレーキテストやったこと無いですよ。
とりあえず、3回でクリアを目標に、ブレーキテストやってみました。
1回目 ブレーキの効き具合を確認するため、ゆっくりブレーキ。止まれずNG。
2回目 速度を低めで突入。速度足りず。車の速度と、オフィシャル速度はピッタリ一致している。
     ブレーキOK、速度計もOK。オーケー、オーケー。次は本番、行きまっせ。
3回目 所定速度+3km/hで突入。停止距離OK。合格です。

車検無事通過です。
パンダサンも、キョンシーさん、サウザントさんも、無事通過したみたい。
ほっと一息。緊張も解け、暑いし、みんなダレダレです。
 
  

 
●2007/8/3 公式車検(その2)
キョンシーさんが嬉しそうです。
またもや、トラブルの臭いを嗅ぎつけたようです。
 
小松工業さんが、何やらトラブっている模様。
今年は、修理方法だけ教えて、学生さんの自主性で修理している様です。
先生も大変だ。
 
うちのピット内でも、タブラジさんもトラブル?
アンダーカウルの、後輪カバー部のリブが、割れてしまったらしい。
ゼットロン+グラスファイバー(1プライ?)製のリブですが、見た目で強度が不足してます。

キョンシー資材の、グラステープ?で補修です。なんでこんなの持ち歩いてるんだ???
 
 

早々に引き上げて、パンダサンチームと得兵衛でカンパイ!

 
●2007/8/4 AM フリー走行・予選(その1)
フリー走行は、鈍亀ドライバーのワタクシめがドライブ。
ひさびさなので、走らせ方を忘れてしまいました。(試走会は大事だね。)
オロオロしながらも、感覚を取り戻しました。
 
余裕が出てきて気が付くと、何かが外れそうな音。カウルの中で「カラカラ」いってます。
「カッキーーン!!!」と、質量感ある落下音。M5とかM6ネジぐらい???
やばそう。とりあえずピットに戻ります。
が、ピットロードで凄まじい光景を目にした。
 
柏会がピットロード脇で止まっている。というか、潰れている。
リアが異様に下がって傾いている・・・・
パンクではない。リアホイールが外れている!!!
 
急いで様子を見に行きます。
ケースにキズは有りますが、変形などはしていません。
伊倉さんと福北さんが、急いで動作確認をしています。(ちょっと目がイッちゃってます)
ダメージは無い模様。可変界磁部も破損はなさそう。
ほっと一安心。
 
 
 
ピットに帰って、自分たちも確認します。
ん???
手で緩むじゃん・・・・・

さっそく増し締め&ゆるみ止め対策。
左:パンダサン。針金です。完全に固定です。
右:バカボンズ。ガムテープです。完全に手抜きです・・・・
 
 

 
●2007/8/4 AM フリー走行・予選(その2)
予選は藤田@エースドライバーです。
 
スタートがあまり後ろにならない様に、適当にタイムを出して、あとはデータ取りです。
得られるデータに寺村監督満足のご様子。
 
帰ってきた藤田さんは滝の汗。
暑そうだなぁ。

雨雲はまだ来ない???雨は???早く降って!!!

 

 
●2007/8/4 PM 決勝ヒート1(その1)
スタートドライバーは、私。
グリッド上の車の中で悩む。
天気は良い状態。ただし、天気予報では、夕方には雨が降りそうだ。
今の天気を信じて飛ばすべきか?予報を信じて抑えるべきか?

スタート!
しばらくすると、車列がバラけてきた。
そろそろペースを決めなければ・・・・
天気がどちらに転んでも戦えるように、消費電力を抑えつつ、タイムが落ちすぎないポイントを考える。
 『6’00”』 とりあえず、これで走ってみる。

しばらくすると、ピットからペースダウンの指示がでる。
 『6’30”』 かなり遅いペースだ。
ピットは天気がかなり悪くなると判断したようだ。
明日も天気が悪くなると信じて、『バッテリーをできるだけ残す作戦』らしい。
(というか、天気が悪くないと、僕らは勝算がないからね。それに賭けたようだ。)

ちなみに、今回も積算計が壊れている。
ドライバーにも、消費電力がわからない。
バッテリー残量計は動いているが、コクピットが狭くて、メーターが見えない。

ライバルチームはどういう判断をしたのだろう?
ドライバーには、ライバルの動向がわからない。
『LAPする』か、『LAPされる』、その時まで。

約2時間経過。
藤田さんに、ドライバーチェンジ。
さらにペースダウンの指示。
 『6’45”』

落としすぎじゃないのか???と心配してると・・・・・・
キタキタ、来ました。雨が降ってきました!!!
監督バンザイ \(^o^)/


2007/8/4 PM 決勝ヒート1(その2)
やっと降ってきた雨。
レースが乱れます。ワクワク。

と思っているうちに、コース内の各所でスピンが続発!!!
サンレイクさん、柏会さん、芦屋大学さんなど、名門どころが・・・・

芦屋大学さんは、シケインの真ん中でスピン。

サンレイクさんは2コーナーで、スピンアウト。
グラベルに深く突っ込んでいる。
オフィシャルに手伝ってもらいコース復帰するが、ダメージは???

周回してピットに戻ってきた。
ドライバー、車体ともに、大きなダメージは無いようだ。
スパッツに溜まったグラベルを掻き出している。すごい量だ。
ピットアウト後、お掃除です。
サンレイクさんのメンバーのみならず、学生さんもお手伝い。

 


バカボンズは、スピンすることなく、着々とラップを重ねます。
 『7’00”』 雨が降っても、あまりペース変わらないな・・・・

チェッカーフラッグが振られた。
チャレンジクラスは
 1位 40LAP 柏会
 2位 40LAP 堺市立
 3位 40LAP 紀北
 7位 37LAP サンレイク
 8位 37LAP バカボンズ
 9位 37LAP キョンシー

上位6までが39〜40LAP、このハイペース。
上位6と、スピンしたサンレイクさん、さすがにバッテリー残量は少ないだろう。

明日、雨が降れば、バカボンズに勝機は有りそうだ。
だが、晴れれば、確実に逃げられてしまう。
はたして、作戦は当たるのか???

それにしても、キョンシーチームと仲良し過ぎですね。



 
●2007/8/4 夕方 甲羅干し
バカボンズのバッテリー残量は、他チームより確実に多いだろう。
しかし、夕方の充電はキッチリしなくては!

でも、雨は上がったものの、いつ降り出すかわからない状況。
発電量もほとんど期待できないかも?
チームオーダーは・・・・・
『さっさと、バッテリーを保管所に預けて、得兵衛に行こう!』でした。

バッテリーを届けて帰ってくると、雨が強く降って来た。
サンレイクさんが、濡れながら撤収しています。大変だ。
東海大学さんは、ずぶ濡れになりながらも甲羅干しを続行してます。若いっていいなあ・・・

 

 
●2007/8/5 AM 甲羅干し
エンジョイクラスのスタート前。

天気が良い。というか、かなり良い。
バカボンズの作戦は、完全に失敗したようだ・・・・

パンダサンの送り出しを手伝いに、グリッドにでると、
柏会の福北さんを発見。思いっきり嬉しそうです。
そりゃそうだ。この天気だもの。
と思うが

 視線の先には→→→  私も嬉しいです。


他チームの充電台を観察。
僕ら、ずっと手持ちなんで、疲れるんですよ。
サンレイクさんの、木枠の台。これいいなあ。

バッテリーを取りに行くのを忘れていました。
保管所に、ポッツーーーンと、寂しくバッテリーがあります。
間違いなくバカボンズのです。

 

他のチームの甲羅干しを回ってみます。
柏会の伊倉さんが、水まきしながら、電話してます。仕事かな?
ソーラーカーがデキル男は、仕事も忙しい(=できる)んですね。

ソーラーパネルの向きが、逆向きのチームがいます。
芦屋大学さんだ・・・・
カバーまで掛けてます。甲羅干しを、しなくていいじゃんか・・・・・

  


発電量をチェックします。
かなり発電している!!!
パネルの発電量不足が解消された?と喜んでみつつ、他のチームを見に行きました。
やっぱり、他のチームより、依然として発電量が少ない・・・・
単純に、天気が良いのね。

勝算なしです・・・・・

 
●2007/8/5 PM 決勝ヒート2(その1)

 
 
●2007/8/5 PM 決勝ヒート2(その2)

 
 
●2007/9/16-17 反省会(合宿)
今年も、反省会です。
今年も、浜松です。
今年も、パンダサン、キョンシーと一緒です。
でも、今年は違います。
 
ホテルの会議室を使ってみました。
プロジェクターを使って、会社の打ち合わせみたいです。
キョンシー野口さんが、コダワリの設計理念に熱弁を奮います。
 
その後、居酒屋、ホテルロビーで、深夜までいろいろ相談しました。

  
 
今年の結論。
 ・太陽電池を張り替えねば、話にならない。
  (車体形状を考慮しても、まだまだ、他チームにくらべ発電量が全然少ない)
 ・ミツバモーターの、エコモードと、パワーモードは、適切に切り替えて走ろう。
って、去年と同じ結論ですね。
 
太陽電池。
資金が無いと、どうにもならないなぁ・・・・
サンパワーが欲しいなぁ・・・・
でも、買えないなぁ・・・・
 
ボロイ今のセルより、アモルファス張ってるほうが、まだ出力したりして。800W貼れなくても。
(定格出力するし、温度係数は関係ないし、天気の影響少ないし)
 
はぁ・・・・

 
●おまけ(データロガー)
去年、今年と、データロガーの重要性を痛感しました。
必須ですね。
 
バカボンズは、近藤君の自作ですが、市販品を紹介します。
 
1.T&D(ティアンドデイ)製 電圧データロガー VR-71 (定価2万円)
  http://www.tandd.co.jp/
  ○:小型、軽量、低価格
  ×:サンプリング数(8000データ=2秒間隔で4時間)、分解能、チャンネル数(2ch)
  コメント:すべてにおいて、Goodです。分解能とデータ数が少ないのが、ちょっと難点ですが・・・・
        自作データロガーの場合、万が一の故障時のバックアップ用としても最適。K会さんも使用。
        無線タイプもあり。無線で吸い上げが、ホームストレート通過中に、可能かは不明。

2.グラフテック製 LOGGER GL200(実勢9万円ぐらい、定価11万円)
  http://www.graphtec.co.jp/index.html
  ○:多機能、高性能、
  ×:価格、重量、消費電力(乾電池で4時間持つの?)
  コメント:ZDPのHPにも、紹介されていました。
        MAXSPEEDさんが使っているとのこと。
        日向高校さんも使っていたような?
 
3.秋月電子 データロガーキット(定価6,500円)
  http://akizukidenshi.com/
  ○:低価格
  ×:電子工作が必要。追加工作が必要。
  コメント:サンレイクさんは、以前こんなのを使っていたようです。(HPに書いてありました。)
        私もチャレンジしましたが、うまく動作しませんでした。
        作り手が悪かったようで・・・・
  
       1.T&D製               2.グラフテック製             3.秋月電子製

 
●2007/10/10 合同飲み会?
うちのボスが、仕事で東京に来るということで、
ちょっと飲もうということになりました。

仕事のせいでちょっと遅れて到着すると、そうそうたるメンバーが集まってます。
うちのボスの他に、パンダサン(H川さん、T高さん)、   ←このへんは予想範囲内ですね。
柏会(F北さん、Sさん)、ORS(Y本さん)、サンレイク(H沢さん)
ビックリです。

いやー、うちのボスって、『人望?』があったんですね。
それとも、みなさん仕事のストレスを解消したかったのかな?

色々話を聞くと、他のチームのレース中って、すごい緊張感なんですね。
何回も計算したり、ドライバーと通話しながら、やってるんですね
バカボンズとは大違い。
やっぱり、『1位になるには、すごい大変なんだなー』って思いました。
(放置プレイで総合優勝する、パンダサンは別の意味で凄過ぎますが・・・・)

18:30スタートで、23:30まで、実に5時間!!!
ソーラーカーの歴史、レース中の他チームの心境など、
鈴鹿では余裕が無くて話せない内容ばかりで、非常に楽しかったです。



   
●2007/10/13 柏会さん訪問 
柏会さんの作業場に行ってきました。

静岡県某所にある、彼らの秘密基地で、会合が行われるという情報を入手。
来年に向けた作戦会議か?
さっそく、潜入捜査してきました。
アットホームな感じで、とっても良い雰囲気でした。

WSCのゼッケンプレートが、作業場に吊ってあります。
いいなぁ・・・・・あれ。
私もオーストラリア行きたいなぁ。

せっかくの潜入捜査。手ブラでは帰れません。
こっそり、パーツを頂戴してきました。



   
●2007/10/14 キョンシーさん訪問 
訪問企画第2弾!
神奈川県某所にある、キョンシーさん訪問しました。

人手不足で猫の手も借りたいと言っていたキョンシーチームに、新メンバー?を発見!!!
とってもカワイイ女の子です。
ホンモノの仔猫ちゃんです。ちっちゃくてかわいいー。

コダワリの一品を発見。
なんと、メーターは、フォークリフトのメーターを流用です。さすがフォークリフト屋さん!!!
さらに、シャーシダイナモ(自作)まであります。
うーーん、こだわり過ぎ・・・・

保管倉庫兼作業場の、コンテナに鈴鹿のゼッケンが貼ってます。
2005年の再デビューの年のモノですね。
こういうの、ウチも真似しようかなあ。

  

 
 
●2007/10/14 ダブラヂさん訪問  
キョンシーさんが、タブラヂさんを訪問するとのことで、一緒に行ってきました。
塩尻のタブラヂさんの工場まで。

本業の車屋さんのガレージが作業場でした。すごく広いです。
でもよく考えると、車両製作時は、カウルと、シャーシーで、車2台分のスペースが必要。
さらに、今年はパンダサンチームも、ココで車両製作したはず。
合計 4台分スペースです。

本業の車修理のスペースより、ソーラーカーの方が、スペース占有してません?
もしかして、本業そっちのけで車両製作してたのかな?

タブラヂさんが、鈴鹿デビューのときのパーツが保管されてます。
思い入れがあるんですね。
これ、カッコいいですよねえ。

夕方すぎまで、長々と邪魔しました。ありがとうございました。

  


タブラヂさんと言えば、テレビでも言っていた、注目素材の『ゼットロン』
ちょっと頂いてきました。有難うございました。
これ、ビンボーチームには、本当に良いかも?

(ポイント)
1.安い。
2.すごく曲がる。割れずに曲がる。(発泡スチロールは割れる)
3.デフォルトで表面にクロスが貼られている。樹脂を薄く塗るだけで、成型、接着できます。
  (発布スチロールは、表面を荒らさないと、ガラスクロスが剥がれ易い)
4.発泡スチロールより、少し重い

強度が不要で、曲率がある部品の成型に良いですね。スパッツとか。
カウルの骨(フレーム)には、ガラスクロス+樹脂を表裏両面に処理して、強度を出せば十分使えます。
カウル表面には、表面のみ樹脂(+グラスクロス)をかけて、見た目アップと、若干の強度アップでいいんじゃないかな?
重量(樹脂の使い過ぎ)に気をつければ、かなり良いです。

僕らの2004年の『湖上の嵐(あらし)』は、発泡スチロールですが、ちょっとヘロヘロでした。
ゼットロンなら、ビシッ!!!としたカウルが作れそうです。


今度は、どこに訪問しようかなぁ???
滋賀県つながりで、サンレイクさんに打診してみようかしら?


     
●2007//